節分会

平成最後の節分となりました。

新しい年を迎え今年も節分の行事を執行したしました。 真言宗では「星まつり」、「星供」ともいわれ、星を供養し息災を願います。

月のリズムや自然環境に私達の生命も左右されるように、大きな天体もまた何かしらの繋がりをもっております。その生まれ年のリズムが悪い時期、日が陰る所を、日が照ように、また日が照る場所に導くように、星に願いをかけるのです。

また合わせて、福王寺では不動明王護摩を厳修し、お不動さまのお力でお守り頂けるようお願いしております。
縄で縛ってでも良い方向に導き、火で煩悩や災いを焼き、進むべき道を示してくださる有り難い仏様です。

檀信徒問わずに お参りできますので、是非厄年でなくても、それぞれの星が益々輝きますよう祈願致しますので、心を見つめ直す上でもお参りください。 

また豆まきをして、お汁粉のお接待をさせて頂きました。 
皆様が良い年でありますよう。

北見の別院では11日に不動明王の護摩を厳修します。 是非お参りください。
合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です