ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

修正会

平成最後の修正会となりました。

今年も成年部の皆様にお手伝い頂き、キャンドルを御本尊様、ご先祖様へお供えして、新しい年を迎えました。

何かと時代の変わり目でありますが、それぞれの人生を大切に、幸せでありますようご祈念申し上げます。

お年玉は、お年魂!

 以下 神戸の西室院田中宣照僧正のお話が勉強になりましたので、皆様にも知って頂きたく転載させて頂きます。

お年玉は、本来、子供にお金を上げるものではなく、
お年魂。一年のいのちが健やかでありますようにと、
お餅や浄火を寺社で授かることでした。
平行して各家庭でお鏡を代表に、餅を供え食す。
また、授かった浄火をお雑煮などの、
正月料理に用いて健康を祈る。
これがお年玉を授かるということです。

お餅や浄火が魂(いのち)の象徴です。

いのちの源はご先祖さまですので、
お迎えするために、お鏡や餅花を供え、
そこに宿って頂きます。
そこから新しい一年のいのちを授かるのが、
正月参りの本義です。

それぞれの誕生日が盛大に行われますが、
「家族そろって正月に歳を取ることが大切」

女性は嫌がられるかもしれませんが、
正月や節分が来たら、すぐに一歳授かってしまう数え歳方式です。

加えてお伝えしておりますのが、
亡くなった方も一緒に歳を重ね数えて頂きたいということ。
「父母の年齢は知っておきなさい」と孔子先生もおっしゃる通り、
亡くられても「生きていたら今年は○○歳ね」
と偲ぶことも良い供養となりますし、
感謝と自身の健康への深い祈りの源となります。

以上転載させて頂きました。 どうでしょう、私も初めて知りました、新しい命で感謝を感じて、皆わかちあってスタートする。
何か良い年になる気が致します。
皆様にご先祖様、仏様の加護がありますよう。  
平成最後の年精進してまいりましょう。

納め大師

1月21日は 今年最後のお大師様の御縁日です。 婦人部の忘年会も兼ねて執行しております。

この時期になると本当に一年のたつのは早くて、驚いてしまいます。

一日を大切に、お互いが助け合って生きていくとことができればありがたいと思います。

忘年会ですが、今年はお手伝い頂きながら、お弁当を作っていただきました。 買い物から、仕込み、盛り付けまでありがとうございました。

とても美味しかったです!

災害が多い年となりましたが、また来年は良い年でありますようご祈念申し上げます。 良い年をお迎えください。 合掌

御詠歌慰問 ケアハウス 夢ふうせんののか

平成30年11月27日 今日は津別町のケアハウス、夢ふうせんののかへと御詠歌慰問へ伺いました。

五曲(いろは歌、遍照尊、光明真言和讃、父母感恩和讃、法悦歓喜和讃)を奉詠させて頂き、最後にはみなさんと共にいろは歌を合唱させて頂きました。
皆様がたの、それぞれの仏様に向き合う時間、祈りの時間となれますようお楽しみ頂ければと思っております。

「心がすっとしたよ」というお言葉も頂けました、また来年も出来ましたら伺いたいと思っております。

ののかさんには時間を勘違いしていて、お待たせしてしまい申し訳ありませんでした。 次回からは無いように努めます。

皆様に仏様のご加護がありますよう。 南無大師遍照金剛

報讃会 平成三十年

 平成30年11月17日 報讃会を執行しました。
少しの雨ではありましたが、お参りお手伝いお疲れ様でした。

是非一度もこれていないかた、地方の方もお気軽にお参りください!
報讃会とは、恩に報いて、讃えるという造語でありますが、仏様、お大師様、ご先祖様、皆様の今年一年の恩に報いて、讃えるお勤めです。

 近隣の網走館内の僧侶を招き、理趣三昧という密教の法会を行いご供養させて頂きました。
今年もこうして弘法大師様が大切にされた理趣三昧の法会をできること本当にありがたく思います。 皆様のお陰であります。

 道内の布教師には湧別町の米本智泉僧正をお迎えし、ご法話を頂きました。 ありがとうございました。

仏様と向き合い、一年を振り返って、感謝し祈る時間となることができれば幸いです。    南無大師遍照金剛   合掌 
 

御詠歌慰問 いちいの園

 11月12日 いちいの園へ御詠歌慰問へ行ってきました。
私は道内の巡回布教で布教師として他の寺院の法会に伺っておりましたので、
名誉住職が司会をつとめて、お唱えさせて頂きました。

 毎年ありがとうございます。 少しでも皆様のここにやすらぎと良かったなとおもえる瞬間があればと思います。
南無大師遍照金剛 合掌