ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

地蔵盆のお知らせ

7月24日 地蔵盆(ろうそく祭り)を実施致します!
子供にもお参りしやすい形式をとってます。

「お菓子まき」や「手品」、境内の八十八ヶ所にろうそくを献灯するのはきっと思い出となり、自身の修行だけでなく、目に見えないものへのご供養や功徳となります。

ぜひこの機会にお参り下さい。

ご供養は、先祖供養をはじめ、人形供養も受け付けております。
詳しくは下記のPDFを御覧ください。

弘法大師誕生会 成年部下座行  花壇花植え

6月15日 弘法大師誕生会に際して、婦人部の総会お大師様のお誕生のお祝いのお参りを執行致しました。

また成年部の下座行、婦人部の有志の方が花壇に花を持ってきて植えてくださいました。

こうして皆様の共にお大師様のお誕生を祝うことができ、また境内を綺麗にしていだけること本当にありがとうございます。

皆様のお力で、このお寺は「気持ちが良いね」、「綺麗にしているね」という声を頂いて、お参りに来られた方が安らかな気持ちになることができます。
皆様の功徳ですね。

お誕生のお祝いでは例年通りに、稚児大師様に甘茶をかけ湯浴みをしてお参り致しました。 お大師様のご加護がありますよう。

成年部の下座行では例年通りの草刈り、垣根の剪定を行い。
今年は有志で松本さんが石段の階段を作ってくださるということで、あらかじめ泉さんから石を頂き、べんどさんに運搬していだいております。

それを山田さんがあらかじめ機械をもってこられて、坂の下まで運搬していただきました。そこからモッコ担ぎです、モッコを松本さんが作ってくださて石をそれで運びましたが、一つ一つ持つと考えるととても便利な道具だと思いました。
疲れるのは疲れますが!

機械で道も広げて頂き、また一つ綺麗な境内となりました。
ありがとうございます。

最後は皆さんで食を囲み団らんさせて頂きました。 お寺が皆様にとって良い時間を過ごす場所であり、良い縁になる場所、修行の場所、必要な場所となりますよう精進していきたいです。

皆様お疲れ様でした。 合掌 南無大師遍照金剛

阿字観と精進料理

令和元年6月2日 今年も道新文化センターさん主催で津別福王寺にて「阿字観と精進料理」の講座を開催させて頂きました。

様々な地域から24名のご参加を頂きありがたい限りです。
こうした講座を通して、お寺や仏教に触れて頂き、少しでも仏様の教えが皆様の暮らしに浸透し、充実した日々を送られることを願います。

念 今の心をみつめ 定 静かな心で 慧 本当に自分の成したいものを考え 信 それを信じて 進 人生を歩んでいく。

忙しい時代の中でたった一つの尊い自分自身の「いのち」を生かし生かされる。

そんな心落ち着ける一時としていただければと思います。 合掌

花祭り 津別仏教振興会主催 於 福王寺

5月19日 津別仏教振興会主催の「花祭り」を執行致しました。
令和になってはじめての花祭りです。 今年で64回目となり、津別の方たちの努力、歴史の深さを感じます。
他の町ではお稚児さんの募集が少なく、準備も大変ななか継続することが困難なところもでてきているなか、津別ではご寄進、お手伝いの中お釈迦様のお誕生日をお祝いできることありがたく思います。

子どもたちが大人になったときに、お寺でお参りした経験、お稚児さんでパレードしたこと、縁日で楽しんだこと、そんな思い出が、目に見えない繋がりや感謝の心を育むご縁となればと思います。

お手伝いいただけた皆様、町内の皆様、ご参加くださった皆様ありがとうございました。

令和元年 新四国八十八ヶ所霊場お山開き 毘沙門天祭

5月10日 11時より 福王寺の新四国八十八ヶ所霊場をお参りして、お昼から毘沙門天様のお祭り法会を執行しました。
天気は少しの雨もありましたが、晴れ間もでて、花咲く中でのお参りとなりました。八十八ヶ所霊場の仏様に先日よりお手伝いの方が集まってついてくれた餅をお供えし、皆様で一仏一仏丁寧にお参りいただきました。
仏様のご加護を受けて、罪を滅し、善を増す、苦しみや悩みから幸せな道をあゆまれることを祈願します。

そしてお昼はうどんを頂いてもらい、毘沙門天様の法会を執行しました。
福徳の神様、また病を倒す神様です。 今年度の福を願い、豊作、商売繁盛、病気平癒等それぞれの思いでご祈願していただきました。

法話には空海○×クイズさせていただきました! どうでしたか?

また最後には福徳の餅をまきました。 皆様が健康で良い年でありますよう。
また令和がすばらしい幕開けとなりますよう。

檀信徒問わず、お参りできます。 一仏一仏にお参りしながら30分で帰ってこれるお山です、是非お散歩ください。 六月には藤も綺麗ですよ。
誰からも手を合わせていただける、心寄り添えるお寺となれれば幸いです。
毘沙門天様のご加護がありますよう。 オン ベイシラマンダヤ ソワカ