成年部 下座行

6月18日 午前8時より 成年部の下座行を執行しました。
普段の手入れでできない場所や、草刈りなど、目にみえて境内が良くなります。

今年度は、垣根の背が高くなってきましたので、チェーンソーを持ち寄ってもらい、落としてもらったり、草刈りも展望台まで刈ってくださって、とても良い境内となりました。

皆さんあってのお寺ですね!

福王寺 八十八ヶ所山開き 並 毘沙門天大祭

5月10日 例年行っております。 境内の八十八ヶ所巡礼お山開きと、毘沙門天様のお祭りを執行しました。

和やかな天気となり、とても気持ちの良いお山開きとなりました。
ゆっくりと歩いて石仏を拝む、テレビをみていたり、映画をみる時間も良いと思いますが、自然にふれ、祈りにふれ、いのちを味わう時間も素敵な時間ですよ。

そして、いつもはお昼を挟んでいたのですが、コロナ対策のためそのまま毘沙門天様のお参りを執行しました。

皆さんに福徳がありますようご記念もうしあげ、餅まきも執行しましたよ!
毘沙門天様のご加護がありますよう。

ぜひお気軽におまいりください! 檀信徒の方以外も歓迎です。

また法会に際して、水子地蔵、六地蔵のお袈裟を新調頂きありがとうございます。
そして、前日から餅つきありがとうございます。
供養しあってよい時間となりますよう。 合掌

オン ベイシラマンダヤ ソワカ
オン カカカビ サンマエイ ソワカ
南無大師遍照金剛

節分会(星まつり) 

2月6日と2月11日 福王寺、福王寺別院にて節分会(星まつり)のご祈祷を執行しました。

一年の始まりに、仏様の前で手を合わせ、所願を祈る。
心見つめる時間となれば幸いです。

檀信徒以外でもお気軽にお参り頂ければと思います。

厄年いがいでも、商売繁盛や健康祈願、また星まつりのご供養を受け付けております。
毎年、2月3日以降の日曜日と、北見別院では2月11日にご祈祷をしております。

護摩は焚きませんが、個人祈願も受け付けます。 ご相談ください。

良い年でありますよう。

ノウマクサマンダ バザラ ダンセンダ マカロシャダ ソワタヤ ウンタラタ カンマン

令和4年(2022)修正会

本年も成年部の皆様にお手伝い頂き、献灯させて頂きました。
静かなお正月で、ゆったりとしたお参りをすることが出来ました。

新型コロナが続いておりますが、それぞれの灯火が明るくありますように。
良い年となりますようご祈念申し上げます。

遅くなりましたが、12月21日納大師執行しております! 写真撮り忘れてしまいました。
お弁当を作ってお配りいたしました。 合掌

報讃会 平成三十年

 平成30年11月17日 報讃会を執行しました。
少しの雨ではありましたが、お参りお手伝いお疲れ様でした。

是非一度もこれていないかた、地方の方もお気軽にお参りください!
報讃会とは、恩に報いて、讃えるという造語でありますが、仏様、お大師様、ご先祖様、皆様の今年一年の恩に報いて、讃えるお勤めです。

 近隣の網走館内の僧侶を招き、理趣三昧という密教の法会を行いご供養させて頂きました。
今年もこうして弘法大師様が大切にされた理趣三昧の法会をできること本当にありがたく思います。 皆様のお陰であります。

 道内の布教師には湧別町の米本智泉僧正をお迎えし、ご法話を頂きました。 ありがとうございました。

仏様と向き合い、一年を振り返って、感謝し祈る時間となることができれば幸いです。    南無大師遍照金剛   合掌 
 

御詠歌慰問 いちいの園

 11月12日 いちいの園へ御詠歌慰問へ行ってきました。
私は道内の巡回布教で布教師として他の寺院の法会に伺っておりましたので、
名誉住職が司会をつとめて、お唱えさせて頂きました。

 毎年ありがとうございます。 少しでも皆様のここにやすらぎと良かったなとおもえる瞬間があればと思います。
南無大師遍照金剛 合掌

御詠歌 福祉施設「ほのぼの」慰問

平成30年10月22日 津別町にあります福祉施設「ほのぼの」へ御詠歌慰問へ伺いました。
毎年恒例の行事となってまいりました。

慰問にいきますと、御詠歌を聞けて有り難いという声が聞こえてきます。
なぜなら、施設の方はお寺にも行けないので、こうした事に触れることが出来ないと言っておられました。

御詠歌を聞くと、お寺に行って供養しているようで安心するとの有り難いお言葉をいただきました。

こちらもこうしてお唱えさせて頂く機会をいただき、講員の方々の頑張りともなります。
こうして互いに供養しあえる、そんな大切なご縁を本当に有難うございます。

お元気で来年もお邪魔させていただきます!
南無大師遍照金剛

ヨガと阿字観

 今年もヨガと阿字観の口座を津別町福王寺ににて執行致しました。
最初にヨガを行い、その後阿字観とさせて頂きました。
 
 お寺に来てゆっくり座る、リラックスする。 なんだかわからなくても、その行いはとても有難い事だと思います。

今は忙しい時代です、何もせずに自分の体、心、命を感じる時間を、お寺でとってみてはいかがでしょうか。

参加頂きました方本当にありがとうございました。
またよろしくお願い申し上げます。  合掌

平成30年 秋彼岸会

9月20日 13時半 北見別院にて
9月23日 10時より 津別福王寺にて   秋のお彼岸のお参りを勤修しました。

気持ちの良い天気の中、たくさんの方にお参り頂きありがたく思っております。

お彼岸は一週間あることをご存知でしょうか。 20日の彼岸入りから23日の中日、そして26日の彼岸明け。
この期間は修行の期間でもあります、ちょうど昼と夜が同じ長さで、一説にはお釈迦様の中道の教えを意味するとも言われております。

中道、調度良い加減、時代とともに変化していきますが、何事もほどほどに、怠けすぎず遊びすぎず、自らの命を輝かせて、助け合って生きていきましょう。
亡き人の菩提を弔い、感謝の中で歩んでいきましょう。

南無大師遍照金剛

平成30年 盂蘭盆会

平成30年のお盆のお参りを執行いたしました。

8月13日には永代供養塔でご供養させて頂きました。
8月15日には北見の別院にてご供養させて頂きました。
8月16日には津別の福王寺にてご供養させて頂きました。

たくさんのお参り、ありがたく思います。

お盆のお参りでもお話しましたが、この時期になると遠くからお参りに来られる方、また普段見ない顔を目にします。
お世話になった方々、亡き人に心を向けて、それを行動に表す。
本当に有り難いなと思います。

心で思うだけでなく、気持ちを形にする、行動にすることは一歩すすんで大変な事だと思います。
こうしてお盆に際して、亡き人のために手を合わせて頂く、命のつながりを感じて、感謝をする。 有り難い時間だと思います。   南無過去精霊。