彼岸会 正御影供法会

3月17日 北見別院にて

3月20日 津別福王寺にて 彼岸会並びに弘法大師正御影供法会を執行しました。

今年もコロナウイルスの影響で、お接待はお持ち帰りとなりましたが、無事お参りをする事ができました。
彼岸に際して、皆様が手を合わせられ本当に有り難い限りです。

総代さんが春のお彼岸は、先祖供養はもちろん、冬の間閉じこもっていた私達に「これから頑張るぞ!」と思える日でもあると仰っておりました。
そんな気持ちが切り替わる日であると良いですね。

儀式が心を作るとお正月でも書きました。ただ正月を過ごすよりも、しめ飾りやお餅や、そういった手間や苦労があってこそ、「ああ新年迎えられてよかった」とより深く思えます。

お彼岸も、春に向かって先祖に感謝し新たな季節を迎える日となることは微笑ましい限りです。

冬があってこそ、春が楽しみになり。 苦労や悲しみがあってこそ、より大きな幸せがあるのだと思います。

気持ち新たに歩んでいきましょう。 南無大師遍照金剛 合掌

本堂飾り修理

何年か前からポロポロと取れた飾りを北所総代に修理して頂きました。
寒暖が激しい北海道だからハンダがはがれてしまうのですかね…

しかし復活です! 

お寺ってちょっとした事の修理が多いですよね。

長く気持ちよく使える空間にしていきたいたいです。 ありがとうございました!

役員会 成年部総会

2月19日 役員会を執行しました。 今年もコロナ渦ではありますが、例年通りのお参りを執行予定です。

皆さんはお寺に何を求めるでしょうか?

必要とされるお寺とはどのようなものなのか、問いかけながら事業を執行していきたいところです。

今年はお接待にクマヤキと「ちゃのま」さんにお昼をお願いし、お持ち帰り頂きました。
役員さんにはいつも、お寺のために一生懸命に活動されて本当に感謝です。 お大師様のご加護がありますように。


追伸 クマヤキも車で販売! なのではじめて注文してみました。

成年部総会

成年部もいつもは新年会のところ、お参りだけとなりました。

役員改選で、事務局が江草さんから池田さんに変わり、新たに西原さんが副会長となりました。松木部長引き続きよろしくおねがいします!
また江草さんは10年以上事務局を引き受けてくださり、ありがとうございます。 お疲れさまでした。

たくさんのアイデアや推進力本当にお世話になりました、引き続き役をおりてもよろしくおねがいします!

若手の問題もあります。 新たに西原さんが副会長で、お寺に若い人を巻き込むそんな活動もしていけたらと思ってます。

今年も檀信徒の皆さんにとって、かけがえない場所としてありたいと思います。

ご指導のほどよろしくおねがいします!

合掌

南無大師遍照金剛

星祭り 節分会

2月7日 11時より 津別町福王寺にて「星祭り、節分会」の厄払い、各種祈願の法会を執行しました。

毎年節分に拝んでいたのですが、日曜日の方がお参りしやすくて良いという意見が聞こえ、今年は日曜日の開催となりました。

124年ぶりに、2月2日の節分ということですが、その日には星(星曼荼羅)をお祭りして供物を捧げ、供養するという行を務め、御札の魂入れなどをさせていただきました。

7日には、皆さんにお参り頂き、不動護摩を厳修、申込み者の加持祈祷を行いました。
百万遍念珠や内陣に入り本尊さんに願いを込めて頂き、最後は豆まきをして、魔を払い吉祥を願いました。

お参りは一時間ほどなので、子供コーナー設けました。
VRも置いて、体験してもらいました。

皆さんにとって良い一年でありますように。

南無金輪仏頂尊
ノウマクサマンダ バザラ ダンセンダ マカロシャダ ソワタヤウンタラタ カンマン
南無大師遍照金剛

初大師 新年会 総代会

本年度は新型コロナウイルス感染拡大につき、檀信徒新年会をとりやめることにしました。
初大師は総代と一緒にお参りし、総代会を執行し寺院のことを話し合いました。

本年度もまだまだ気をつけなければならない世の中ですが、お寺に来て一緒に御飯を食べられる時間がやってくることを祈っています。

お寺の行事も縮小することがあると思いますが、心寄り添える場所でありたいと願います。

今年はデジタルをお寺でできないか、模索中です。
一人暮らしの方が簡単に使えて、より良く生きられる時間につながればと思ってます。

南無大師遍照金剛

修正会 令和三年(2021)

今年も成年部の皆様にお手伝い頂き、キャンドルを献灯し本尊様にお供え頂きました。

0時からの参拝は少なかったですが、無事にお勤めすることができて、今年も良いスタートができました。

ここで拝みました御札は4日から年始参りでお配りしていきます。

昨年はコロナで暗い年となりました、しかし変化が訪れる年でも有りました。

大変とは大きく変わることだそうです、今までの世界よりこのことがあったからこそ、前に戻るだけでなく、より良い世界になれる、牛のようにゆっくりでも一歩づつ歩んでいける年でありたいです。

皆様に置かれましても幸多き年でありますように。  南無大師遍照金剛 合掌 

お初穂 奉納

皆さんからご寄進頂きました。 御初穂料を本尊さんにお供えさせて頂きました。
無事正月飾りも終え、新年を迎える準備も整ってきました。
明日成年部の方々が、灯明を境内に彩ってくださり、1日0時から修正会のお参りとなります。
普段であればお接待を用意しているところですが、お持ち帰りとさせて頂きます。

今年は本当に痛みの伴った年でした、来年は以前よりもより良い世界となりますように。
良いお年をお過ごしください。 合掌

納め大師 2020

今年度最後のお参りです。 コロナウイルスが北見地方でも検出される中、開催が危ぶまれましたが、是非お参りしたいとのお声もいただけましたので、食事はなしでお参りだけ執行しました。

皆で最後に納め大師のお参りが、できて嬉しかったです。

お接待は数人で、お弁当をつくりました。 本来であれば、談笑しながら皆さんで食事をできればより美味しく感じたのでしょうが、残念です。
一日も早い収束を願います。

今年はコロナで始まり、世界が一変しました。一つのウイルスで、ここまで世界が変容するとは思いませんでした。

であれば、世界中が同じ痛みを負っている今ですが、これを乗り越えてもっと良い世界にあっという間になる可能性もあります。

来年は、困難を乗り越えて、喜びあえる年でありますように。

追伸 婦人部の寄付で百万編念珠をご寄進頂きました。
昨年に発注し、春先に納品されましたが、6月の青葉祭も中止となり、今回開眼供養(魂入れ)をさせて頂き、皆様でご祈願していただきました。

より多くの人が願いを込めて幸せになれますように。

ありがとうございました。

2020 報讃会

2020年11月17日 報讃会を執行致しました。
毎年一年の感謝を込めて、理趣三昧の法会を本尊様にお供えしております。

今年はコロナウイルスの影響で、布教師を呼ばず、近隣のお寺さんのみで行いました。
お接待もお弁当です。
布教は女満別町弘明寺の副住職にお願いしました。

それでも、こうして今年も祈りを捧げられたこと本当にありがたく思います。
また、お手伝いの皆様もありがとうございます。

本尊様のご威光が増して、御加護がありますようご祈念申し上げます。

コロナウイルス、本当に厄介だなと思います。
罹った人が、差別される事もあるようです。

日々増えていく中で明日は我が身ではないかと不安に思っているのではないでしょうか。
私も不安です、病気はもちろん、社会復帰できるのか? 普通に差別なく住める事ができるのか?

誰にでも恐怖ではあり、不安でもありますが、お互い様の心で、思いやりを持って接していきたいですね。 合掌

令和2年 第三回下座行

11月3日 9時より 第3回の下座行を執行しました。
朝の雨がありましたが、良い天気に恵まれました。

年間行事では8日に計画していたのですが、私のミスプリントで3日に変更、、申し訳ありませんでした。

落ち葉掃き、窓拭き、仏器磨きなど、本当にいつも有難うございます。
綺麗な境内になりました。
「こうしてお寺で作業するのが気持ち良いよね」と言われるようになりたいなと思ってます。こころをリセットする場所でもありたいなと。

「お寺に来て作業なんて、そんなのよく頑張るね」と言われる方もいらっしゃるかもしれません。
 でも木々に囲まれて、いろんな縁があつまっているお寺で、目に見えないものに縁のために働くのはとても気持ち良いことなのだと思うんです。

 高齢化で大変でもあります、是非テレビを見ている時間も良いと思いますが、お寺で身体を動かすのも良いと思います。お気軽にご参加ください。

南無大師遍照金剛 合掌