高野山 町石道

 4月4日 高野山で、高野山青年教師会の理事会が行われました。 私も北海道の会長の任期も終わり、北海道の常任理事としての最後の会議となりました。
二年間ご協力頂いた皆様本当にありがとうございました。 そしてお疲れ様でした。

 ところで、その会議の前々日に橋本市に宿泊致しまして、4月3日 初めて高野山への登山道、町石道を歩いて登山させて頂きました。
高野山の麓、九度山の慈尊院というお大師様のお母さんがおられたお寺から高野山へと登る信仰の道です。
九度山という地名は、お大師様が月に九度お母さんに会いに来られたという伝説からつけられたと聞いております。

 鎌倉期あたりに、一町(約110m)感覚で塔婆がたてられ、その塔婆の数は麓の九度山・慈尊院から壇場伽藍・根本大塔まで180基あり、これは密教の胎蔵界(現象の世界)の仏の数と同じです。更に根本大塔から奥の院までの町石は36基ですが、これに弘法大師御廟まで全体を一つと加え、あわせた37という数字は金剛界(精神世界)の仏の数となります。

 さらに高野山は八葉の峰に囲まれ、蓮の花の中にあるような形をとっております。 まさにこの世の浄土、曼荼羅の世界を具現化した道といえるでしょう。

一度も歩いて登山したことがありませんでしたので、登ってみました。天気も良くとても気持ちの良い登山となりました!

 メモ書きで様子を記載しておきまーす!

橋本市のルートインを午前6時半に出発、タクシーで慈尊院までお願いしました。 途中コンビニでスポーツドリンクとおにぎりを購入して午前7時登山開始! タクシーは2500円位だったと思います。

スタート慈尊院

町石

橋本市を一望、 途中熊注意とあって、ちょっと怖かった(笑) 鈴がいるかもです。

榧蒔石  銭壺石 こういう感じで名所には説明があります!

町石が良い目印に、一石一石に礼拝して登山しました。  途中にはお大師様も 合掌

ガイドもあましたー。 ちょこちょこ休みながら、六本杉でも一休み~

途中の分かれ道はガイドが! 助かりました。 途中外国の方がこの標識の上古沢駅から降りて登山してきたと聞きました。  二つ鳥居 登山途中に名所があります。

途中の集落でトイレもありました、綺麗です。

矢立到着、 花坂のぼる今日のうれしさ  おにぎり食べました! 11時頃だったかな。

南無大師遍照金剛

袈裟かけ石、誰もいなかったのでこっそりくぐってきました!(^^)!

名所を抜けて 後三十三町!

鏡石に願いを込め、気持ちの良い沢道を抜け、急な坂を上りきると!

大門が目の前に、歩いてくると感動しました。 車できたり、電車できたり、いつもの高野山が違った感じに見えました。   良かったー、午後1時 ちょうど六時間でした。

お参りさせて頂き、

奥の院までの町石  明日奥の院へ参るので今日は遥拝です!

明神さんをお迎えしている同期先輩のご寺院さんで、明神さんを拝ませて頂きました。

そしてその先輩のおすすめで女人道なるものを教えて頂き、一緒に歩きましたー。

そして不動坂へ!

ケーブルカーの下をくぐり 極楽橋駅へ! 橋本へ戻り明日の会議に備えました。
気持ち良い巡礼の道、近年は橋本から登山できる 黒河道も整備されているとのことです。 機会があったら行ってみたいと思います!

町石道でした。 元気な檀家さんつれて登ってみたいなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です