御詠歌 「いちいの園」慰問

11月23日 津別町の特老「いちいの園」へ福王寺金剛講が慰問へ伺いました。

この日はデイサービスの日でもあり、総勢40名程のかたがおられました。

五曲の奉詠でありましたが、いろは歌を一緒に唱えて頂いたり、お話をしたりしまして、1時間ほどの慰問となりました。 皆様より、「また来てください」との声もあがり、喜んで頂いて大変ありがたく思います。

中には昔御詠歌に携わっておられた檀家さんもおり、一緒にお唱えできる事が大変ありがたいなと感じます。

「因果必然の道理を信じ自他のいのちをいかすべし」

お大師様の教えを実践するものとして、御詠歌というご縁にふれ、これによって他のいのちを喜ばせる、活かしていく事ができれば、自身のいのちも輝いていく、お互いが助け合い、大変ありがたい慰問となりました。

南無大師遍照尊

 

CIMG4350 CIMG4351 CIMG4349

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です