納め大師 2020

今年度最後のお参りです。 コロナウイルスが北見地方でも検出される中、開催が危ぶまれましたが、是非お参りしたいとのお声もいただけましたので、食事はなしでお参りだけ執行しました。

皆で最後に納め大師のお参りが、できて嬉しかったです。

お接待は数人で、お弁当をつくりました。 本来であれば、談笑しながら皆さんで食事をできればより美味しく感じたのでしょうが、残念です。
一日も早い収束を願います。

今年はコロナで始まり、世界が一変しました。一つのウイルスで、ここまで世界が変容するとは思いませんでした。

であれば、世界中が同じ痛みを負っている今ですが、これを乗り越えてもっと良い世界にあっという間になる可能性もあります。

来年は、困難を乗り越えて、喜びあえる年でありますように。

追伸 婦人部の寄付で百万編念珠をご寄進頂きました。
昨年に発注し、春先に納品されましたが、6月の青葉祭も中止となり、今回開眼供養(魂入れ)をさせて頂き、皆様でご祈願していただきました。

より多くの人が願いを込めて幸せになれますように。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です