春の下座行 お山開き等

今年はコロナウイルスの影響で春の下座行、お山開き毘沙門天のお祭りは行事縮小といった形で行いました。
下座行に至っては、距離をとっての清掃、剪定した枝の整理等行い、皆さんのお力でなんとか綺麗になりました。

お山開き 毘沙門天祭は住職、名誉住職、総代のみでのお参りとなりました。
こんな中でもお参りできて有り難かったです。
普段当たり前に行っている行事が出来なくなると余計に有り難さがわかります。

どうか 皆様なが福徳の神様である毘沙門天の加護を受け「幸せでありますよう」。

今年は桜の花が綺麗に咲き、是非一緒に参拝して良い時間を過ごしてもらいたかったです。
コロナいつ開けるかわかりませんが、それぞれお体大事になされて、今という命を大事に過ごしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です