令和元年報讃会報絵

11月17日 今年も最後の大法会を執行することができました。
一昨年も来られました、斎藤寛秀僧正を布教師に迎え、理趣三昧の大法会を執行しまいた。

雪がちらつく寒い中、仏様をお迎えし供養させていただくこと本当にありがたく思います。みなさま一人ひとりが、仏様と向き合い、感謝を育む時間となれば幸いです。

理趣三昧法会は聞くだけでも滅罪の功徳があると言われます、皆様が良き人生を歩まれますように、南無大師遍照金剛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です