御詠歌 慰問

10月23日 「夢ふうせんののか」さん、「ほのぼの」さんへ
10月30日 「いちいの園」さんへ
慰問として、御詠歌をお唱え致しました。

施設からではお寺はなかなか行くことができないなか、こうして慰問することで、少しでもお寺を感じて頂き、亡き人を思い、幸せを祈り、安らかな心でありますよう。そんな時間となることを目的としてお唱えさせて頂いております。

皆様、何回目かの慰問ですので、なれた様子でお迎えくださいました。
「いろは歌」を一緒にお唱えしていただける方もいらっしゃいました。

手を合わせてくださり、感謝です。

今のいのちが精一杯輝いて、心安らかでありますよう。 南無大師遍照金剛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です