インド旅行 備忘録8

3月2日 ガンジス川へ朝日を拝みに行きました。
インドの聖地、ヒンドゥー今日の方々の殆どがガンジスへと帰りたいと願うそうです。 実際途中の道路でも車の上に遺体を結んでガンジスへとお運びになっている様子がみれました。

ガンジス川では火葬も見ることが出来ます。親族の方々が口に火を入れ火葬するそうです。 灰にしてガンジスへと流します。 煙があがっているところが火葬場です。

近くでは洗濯するゾーンや沐浴をされている方、ガンガに愛されると罪が消える、聖なる川なのです。

なんとも言えない大きな流れに身を任せることができました。有難かった。
そして、後輩が沐浴するということで、私もご一緒させて頂きました。

入った瞬間ヘドロがすごかった、、 しかし温度は思ったより温かく、 朝でありましたが、快適に沐浴することが出来ました。
なんか気持ち良かったです。 思ったよりも汚く感じませんでした…
というか有り難い気分になりました、皆様も是非。

ガンジス川から、朝の繁華街を歩き、バスでホテルへと戻り、シャワーを浴びて朝食をとり、初転法輪の場所サールナートへ向かいます。
炊き出しをしていたり、蛇使いもいました! また赤ちゃんを抱いた物乞いの方が大分ついてきました。 商売という話も聞きます。

サールナートはブッタガヤとまで平和的な感覚にはなりませんでしたが、同じように静かで平和的な雰囲気、落ち着いた空気に包まれていました。
皆さんで般若心経を唱えると、とても有り難く落ち着いた気持ちになれました。

午後からは、突貫でしたが帰路につきます。
青年教師会とは違うフライトのため午後から別れました。

私達は夕方の便でしたので、バラナシの旧市街を散歩しました。
ゴールデンテンプルに行きたかったのですが、お参りの長い列で諦めました。
しかし、雰囲気はすごかったです。 エネルギッシュでした。

ベナレスからデリーへの飛行機は遅れませんでしたが、荷物が出てこず1時間以上荷物待ちしました… インド人めっちゃ怒ってストライキ状態になってました(笑   深夜便に乗って、3月3日の昼に日本に無事につきました。

全体を通して行ってよかった!! 行かせていただいた家族やお寺、檀信徒の方々に感謝です。

本当にエネルギーに包まれた国でした。 今の日本にない生き方、力がそこにはあるような気がします。 インドでは値段は常に高く言ってきたり、物売りや、物乞いの方が執拗だったりしますが、生活かかっているので仕方ないのかなと。男二人だったから余計に大丈夫だったのもしれませんが、 それほど治安は悪く無いと感じました。
あらためて、お釈迦様、仏教の諸大徳、様々なご縁に感謝です。
そして企画頂いた青年教師会の方々に感謝です。
機会がありましたら是非一度!    



余談ですが、またOLAというタクシーアプリは使えました(現地sim必要、空港ですぐ買えます)
trip.comというところが中国のベンチャー旅行企業なのか、インドの国内線も簡単に予約できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です